読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Netflix映画レビュー

Netflixの動画サービスで見られる映画の感想など。観るものに困った時の参考にどうぞ。

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』感想、若者は絶対に観るべき映画

洋画

 

f:id:chatoracotora:20170102182731j:plain
ウルフ・オブ・ウォールストリート
監督:マーティン・スコセッシ
主演:レオナルド・ディカプリオ

<おすすめ度>

3/5 

※ぶっ飛んだ映画が好きな人におすすめ!

 

レオナルド・ディカプリオ扮する、学歴もコネも無いジョーダンが、巧みな話術とクリエイティブな発想で成り上がっていく。ジョーダン自身の回顧録「ウォール街狂乱日記 『狼』と呼ばれた私のヤバすぎる人生」を映画化した本作は、最高のエンターテイメント映画で、若者に是非見て欲しい作品です。才能と人望に恵まれたジョーダンですが、女・金・ドラッグと、ありとあらゆる欲に手を伸ばし、徐々に破滅へと向かっていきます。ウォール街の難しい話かと思いきや刺激的な映像の連続なので、3時間近くもある本作ですが体感時間は非常に短いです。とにかく徐々にぶっ壊れていく主人公が、潔いくらいにクズですが、ウォール街という大人の世界にどっぶり使ってる中で、子どものようにこれだけ欲望に忠実に生きられるのもある意味才能ではないのか、と思ってしまいます。若者に彼の真似をしろとは言いませんが、中途半端に調子に乗るくらいなら、これくらいの勢いで調子に乗り切って欲しいですね。きっとその方が気づきも多いでしょうから。モラルの厳しい方には、絶対に見せないで下さい。勿論、家族で揃って見ることもNGです 笑。